ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

GGXrd REV2攻略:カイの6HS強すぎ問題 【対策】

スポンサーリンク

はじめに

 今作より新調されたカイの6HS。起き攻めの安定詐欺の代わりに追加されたこの技ですけど、対策無しだとマジで強い。皆さんもたくさん切り刻まれたでしょうか? 今日はこの強技対策をメインキャラであるソルで調べました。良ければ参考にしてみてください。

f:id:mihao1853:20170607233715j:plain

 

固め>2S>6HS〜

 この連携がマジでやかましい。6HSは、通常ガードでこちらが結構不利みたい。なお、ガトリングルートとしては近Sか2Sが見えたらこれが来る可能性が高いです。遠S、HSからは派生できません。

・6HS > 遠S

 この連携ですけど、6HSをガードしてしまったら、通常ガードの場合ジャンプをすると直後の遠Sに止められます。素直に受ける場合には、6HSの2発目を直前ガードすることで前ジャンプから遠Sに対してお仕置きが可能です。もちろんブリッツも可能です。まぁやらんけど。

 

・6HSを発生前に潰す

 2Sの部分を直前ガードすることで、直後の6HSに対して足払いがカウンターヒットします。また、直前ガードではなくても、読んで屈Pを連打することで簡単に割れます。

 

〜6HS > 6HS

 前進してくるモーションがあるので読んだら足払い連打で簡単に割れます。これを見せると多分セバー辺りが飛んでくるので、それは当然ガード。ファジーでおっけーですね。 様子見されたらファフ辺りで切り返すといいかもしれませんね。

 

〜6HS > 2S 

 通常ガードで連続ガード扱い。直前ガードで屈Pではカウンターで負け。読んだら6HS二段目を直前ガードし、垂直ジャンプ。

 

〜6HS > 近S

 通常ガード、直前ガードどちらも連続ガード扱い。ブリッツも出せません。

 

〜6HS > スタン

 スタンガード後はこちらが微妙に有利。直後の最速遠Sは、少し遅らせて6Pを置くことで狩ることができます。

 

近S > 6HS

 この場合は近Sを直前ガードしても、直後の足払いは潰されてしまいます。通常ガードで屈Pは相打ち。直前ガードして屈Pで勝てます。

 

最強の対策、無敵技ぶっぱ

 6HSをガードした場合、なにかしらの固めか択を迫ってくるのならば、ヴォルカで確実に返せます。あんまりうざいような一回これを見せることで、その後の展開が楽になるから悪くない。ゲージ50あれば尚良し。

 

まとめ

 ざっと思いついた限りのやつを試しました。とりあえずですけど、

・近Sか2Sが見えたら準備をしておく

・6HSの二発目はとりあえず直ガしておけばジャンプで簡単に逃げることができる

・2S>6HSの場合は直前ガードしていれば足払い、していなければ小パンをこする

・相手の6HS後の行動を見ておき、何をしてくるかで対応を決める

 こんな感じっすね。

 

 あ、当然ですけど、6HSガードから2択に負けるという人は、セバーを見てからガードするか、ディレイを度外視してファジーするかで対応しましよう。 セバーに関しては、発生自体は18ですけど、この数字は攻撃判定が出るまでに18という意味なので、しゃがんでいれば実際は猶予がもう少し長くなります。