トリックスターひとすじ20年。

鉄拳7日記:自分を乗り越える。【デビル:鬼熊】

スポンサーリンク

そんなたいそうな言葉が飛び出てしまうくらい、ファラン戦はやべぇ

『あーーー、ファランかぁ・・・』

 

数日ぶりの鉄拳7ランクマッチ。実はここ最近SFVとギルティギアを気分転換がてらプレイしてました。格闘ゲームの休憩に格闘ゲームをするっていうあれですねw おかげさまで2D成分は補給完了。今日からまた”修羅の道”に戻るか〜ってことでランクマに潜入した矢先がファラン戦ですわ。

 

正直逃げたいのがファランというキャラとの対戦試合

昔身内にファラン使いがいたんですけど、僕はその方と”ほとんど対戦をしたことがありません”・・・そういうことですねw 『身内で潰し合うのも寒いし、やめときましょうや』←これこれ。だっせーw ちなみにこの時は僕、なんとラース(6BR)使い。たまげたなぁ・・・

 

そんな僕ですが、今作への意気込みは実は結構強めです。モチベの高さが6BRなんて目じゃない。割と本気でやりこみたいな〜とか思っちゃうくらい。だから今回は逃げずに戦うことにしました。こんなところで逃げていたら拳段以上のファランに当たったらどうすんだよって感じっすからね。

鬼熊のファラン(サブ臭MAX)、相手にとって不足なし。いざ、じんじょうに〜〜〜・・・

 

あれから・・・

f:id:mihao1853:20170809005102j:plain

幽遊白書みたいな飛び方をしてしまい申し訳ありません。しかしですね、実は動画を掲載しようとしていたんですが、録画に失敗していました・・・というわけで、お茶濁しで戦績だけ貼っておきます。

といっても、対戦前の成績がないのでなんともいえないんですけど・・・と、とりあえず今回はなんと数10試合して勝ち越し、相手を撤退させることに成功しました!

おいおいなんなんだこの異常な達成感。というのも、実はファランに関してはちょっとした対策を用意していたのでそれがうまく機能したこと、そして対戦中に相手との読み合いがここ最近で一番熱かったことが起因しています。

早々に4連敗したんですけど、相手の癖を徐々につついていくことで、最終的には後半で僕が5連勝。最後の試合では相手のやりたいことすべてに回答を叩きつけて3R連取っていう素晴らしい展開でしたね。

こうやって連戦してくれる相手ってありがたいな〜って思います。そんなわけで忘れないうちに復習したいのでこの辺で。それにしてもファランのパワクラすげーつよかった。