トリックスターひとすじ20年。

鉄拳7攻略:PS4版の3すくみは崩壊している? スカ確はできないのか?

スポンサーリンク

Twitterで偶然見かけました

『PS4版はラグがひどすぎてスカ確が成功しない、ゲームにならない。PC最高!アケ最高!』

先日、こんな感じのツイートを偶然見つけました(特定されないようにかなり変えてますけど)。なるほど。このツイートを見る限り、彼(彼女?)は3すくみを理解しているのだとは思う。しかし、この意見には賛同しかねます。

 

f:id:mihao1853:20170617191655j:plain

僕は”そんなことはないよ”派

なぜならば理由は単純でして、僕はスカ確が打てているから。確かにスカが厳しいシチュエーションっていうのはいくつかあるんですよ。スティーブのクイックや各キャラのハイキックのような硬直の短い技ですね。しかしその手の技は元からまともにスカ確なんて厳しいし、今回は考慮しないことにします。(ただ、置き最風に関してはかなりグレーですねw)

そもそもPS4版のランキング上位陣を見渡してみるとわかりやすい。アケと同じような名前がつらつらと軒を連ねています。ということは、ってことですよ。実際、この時点でもう説明は不要ですよね。

 

”様子見”という3すくみの行動、これへの意識配分が不足していると思う

拳段位程度の三島使いの意見で申し訳ありませんが、今回の氏のツイートを見る限りコレがなってないんじゃないかな〜って思いました(段位も獣だったし)。実はですね、僕もツイート主と同じことを最初考えていたんですよ。ラグでスカが打てない、だから置きが最強なんじゃないか? ってね。

ただ、最近になってこれは間違いだなってことに気づきました。僕もたま〜に中距離で”置き”と”様子見”が混同しがちになってしまうときがあり、スカがなかなか成功しない対戦があるからです(こういうときは大体段位を落とすんですよね)。人間は欲深い生き物なので、しょうがないのですw

そんなときに”あ、スカが狙えてないな。よし、切り替えてこー”と、意識配分を整えるとほぼ確実にスカは取れます。狙っているときに限っては、アッパーだろうが置きライトゥーだろうがちゃんと取れるのです。意識配分って本当に大事ですよ? ちなみにこれが全くできていない・理解できていないのが、獣以下の人かな〜って思います。

 

最大の根拠は”僕”

ちなみに僕なんですけど、歳でしょうか?なんと”スネークエッジ”に反応してガードができません。しかし、そんな僕でもちゃんとスカは取れているのです。はい、論破wこれが最大の理由って感じですね!ということで、PS4版でもスカは打てる・意識配分できていますか?ってお話でしたとさ!!

 

おまけ1:上級者にありがち

そういえば上級者の人に限って”スネーク?ワイス?んなもん見えないけど赤段よ?”って言う人多くないですか? 実はこれ、今回の話にかなり関係しています。ある程度鉄拳を知っている人がスネークに当たる。これはスネークに対して意識配分ができていないから当たるのです。

『え?上級者なのになんで意識しないの?僕は楽々ガードできているのに!僕の方が基礎ができているってことだし獣段の僕の方が強いんじゃない?!・・・あ、確定反撃だって僕の方が精度が上だ!僕は赤段あるね!やったー!!』

・・・って考えている人は多いような気がします。上級者って信じられないほどたくさんのことを考えながら対戦しているんです。つまり、大局をキッチリと観れているかわりに、他への意識がどうしても薄くなってしまうんですよ。

つまり、スネークガードできるよ〜、なのに弱いよ〜っていう人はえてしてそうなってしまっているのです。そりゃスネークだけに意識を裂いていればガードなんてできますよ。よって、意識配分ってとっても重要。これができればできるほど、段位もどんどん上がるのです。

(ちなみに僕が上級者だって言ってるわけではないので注意で)