ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

鉄拳7攻略:カズヤはどういうキャラ?【ストーリー設定・性能をまとめてみた(ネタバレあり)】

スポンサーリンク

鉄拳7 三島一八

このページでは、鉄拳7のキャラクター・三島一八の解説を行う。カズヤのストーリーも軽くまとめたので時間があれば目を通してみるといいだろう。

 

f:id:mihao1853:20170824112909j:plain

ストーリー上の三島一八

カズヤの歴史まとめ。

鉄拳1

幼少期、父親・三島平八に崖から落とされる。鉄拳1では三島平八を破り、”The King of Iron Fist Tournament”で優勝。トーナメント後、仕返しといわんばかりに三島平八を崖から落とす。親が親なら子も子である。

 

鉄拳2

前大会から2年後。平八に代わり三島財閥の党首となったカズヤが”The King of Iron Fist Tournament2”を開催する。一八の目的は、私設部隊の強化と死んだと思っていた前頭首である父・平八をおびきだすこと。

大会の結果は平八の優勝に終わり、またも崖・・・ではなく、今度はあろうことかぎらぎらとマグマたぎる火山口に息子をポイ捨て。不敵な笑いを浮かべ、ジエンド。三島の歴史は繰り返されるのだ。

 

鉄拳3

前作から19年後のお話であり、主人公は潤とカズヤの息子・風間仁。今作はカズヤはおやすみ(死亡中)。

 

鉄拳4

鉄拳2のエンディングで火口に落とされて死亡したカズヤ。が、彼は生きていた。否、G社に遺体を回収され、体内に宿るデビル因子の力もあって蘇生したのだ。The king of iron fist tournament 4終了後(優勝者はなんと”無し”)、三島財閥・本丸で行われる仁・カズヤ・平八の親子バトル。勝者は仁。なんと今回は死傷者は無し。

 

鉄拳5

鉄拳4エンディングの直後が鉄拳5のオープニングムービー。なんと平八が爆発に巻き込まれて死亡していた(実際はギャグ漫画のような感じで爆風により頭から墓場に直撃、埋没中)。原因は、共闘していたカズヤの裏切りである。かける言葉はない。

この鉄拳5では特筆すべきは無し。しいていえばカズヤエンディングの幼少時カズヤがかわいいことくらいか。余談だが、鉄拳5時点のカズヤは49歳である。

 

鉄拳6

風間仁が三島財閥党首になり、全世界に喧嘩をふっかけるのが鉄拳6の大筋。三島家とG社の戦いが各地で勃発、世界中で戦争が起きるシリアス・ストーリーだ。なお、原因の一端を担っているそのG社のリーダーがカズヤである。世界を巻き込んだ親子バトル、どっかの地上最強の生物親子とよく似ている。

ここでもカズヤの目立った活躍は無し。最終的には仁の真の目的、”アザゼル討伐”が完了してめでたしめでたし。カズヤも平八も珍しく健在だ。

 

鉄拳7

党首を失った三島財閥だが、三島平八の登場で持ち直す。仁VSカズヤの構図が平八VSカズヤに戻ったのが鉄拳7。ついでに言えば豪鬼もこの争いに介入するのだが、悲しいことにほとんど空気である。

最終バトルは平八VSカズヤ。勝者はカズヤであり、伝統芸能・崖落とし(火口落とし)を鮮やかに披露。鉄拳8に続くのだろう。

 

鉄拳7 カズヤキャラクター性能

キャラスペック

確定反撃が無い優秀なコンボ始動技である左踵落とし、強力なダメージソースである下段の奈落払いを備えており、2択が非常に優秀。また、三島家の誇る最強技・最速風神拳も所持。攻めにもスカ確にも置きにも使える強力すぎる技だ。

反面、カズヤはシビアなレバーテクニックを要求されるキャラでもある。そのため、トレーニングモードによるコマンド練習は必須科目となる。一日二日で使いこなせるキャラではないのだ。

 

キャラランク

攻め、守り、どちらも優秀なことから”並の上”といった感じだと僕は考えている。S〜Cまでで評価付けするならばカズヤはAが妥当だろう。Sでは無い理由は、小技が薄い、横に非常に弱いため。

 

初心者向けか?

ピーキーな性能ゆえ、初心者向けとは言い難い。しかし、使いたいならば使うべき。鉄拳力もつくのでオススメのキャラなのだ。