ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

鉄拳7攻略:初心者〜初級者を救いたい、宗次郎式鉄拳攻略 その1【偶然の一勝よりも、意味のある敗北を】

スポンサーリンク

頑張っているのに万年石板段位・・・

はじめたてのキャラクターでランクマッチに潜入すると、1000試合近くプレイしているのにも関わらず石板段位のプレイヤーに遭遇することが割と高頻度で発生する。この手のプレイヤーにはある特徴があるので、今回記事に起こすことにした。

いい加減、そのだせぇ段位ロゴ(青い奴)も飽きてきたろ?これを読んでレベルアップを目指そう!!

f:id:mihao1853:20170829223459j:plain

 

対象段位:数字段位、武者、師範、皆伝、達人、名人、餓狼あたり

特徴1:上達しない人の特徴は、すぐに”逃げる”

本質を追わず、即逃亡を繰り返す・・・

いきなりきつい言葉で申し訳ない。しかし、とりあえず聞いて欲しい。この段位帯の特徴として、『1戦して即逃亡』を繰り返すプレイヤーが本当に多い。おそらく相手の最高段位をチェックしているのだろう。

『あ、サブキャラだ、逃げよう』

まぁ、心境としてはこんなところだろうか?・・・そりゃ、強くならねぇよ。

 

サブキャラってそんなに怖い?

ここからこの手のプレイヤーのメンタル・マインドを捻じ曲げていこうと思う。上達したければよく読んで欲しい。

拳段位以上のサブだと即逃げしてしまうプレイヤーを配信などでも散見する。さて、そんな人たちに質問なんだけど・・・なんで逃げるの? あの、なんか忘れてません? だって相手は文字通り”サブのキャラ”なのよ? メインじゃないのよ?

 

プレイのクオリティが断然低い。だからサブキャラなの。

よっぽどの上級者や、1日中鉄拳をプレイしているような鉄拳ジャンキーを除けば、サブキャラのプレイには実は粗が目立つ。具体的に言えば、”不完全な連携”や、”ガードされると実は浮き確定の技”、”上段が組み込まれている連携”、などなど。これらを多用してくるプレイヤーは非常に多い。

では質問なのだが、万年石板の人は上記のような弱点をどの程度知っていただろうか? ・・・おそらくだが、ほとんど回答できなかったのでは?

 

ただ”逃げている”だけで強くなれるわけがない

『強者のサブは気に入らない。1戦やったら勝ち負け問わずリベンジマッチは拒否しよう』

こんなことをしていませんか? 断言するが、残念ながらこんな生まれついての負け犬のような思考では一生成長することはできません。こういう人ってこの手の意思がプレイからもにじみ出ており、何も考えてないんじゃないか?最初から勝ち負けに意識が行き過ぎて諦めているんじゃないか?って印象を受けるプレイヤーが本当に多い。

 

強くなるためのヒント:偶然の一勝よりも、意味のある敗北を!

負け犬的思考に、さよならばいばい

前述したような”負け犬の権化”のような思考はこの記事を読んだ時点で綺麗さっぱり捨ててしまおう。そして今すぐ洗面所に行き、その間違った思考で薄ら汚れた表情、人面犬になりかけているやばいツラにフレッシュな水をバシャバシャと浴びてリフレッシュするのだ。

 

今後は勝ち負けのこだわりはほどほどに、”次につながる”ような対戦をできるようにしよう

偶然の一勝よりも意味のある敗北を。これが僕のモットーだ。わかりやすく言えば、

・何も考えずに浮かせ技適当ぶっぱで偶然手に入れた一勝

・負けはしたけど、相手の戦略・読み合いは理解した、キャラの技性能を知った

どちらがいいのか、と、質問を投げたいところだがそんなのは愚問だろう。そう、圧倒的に後者が正解。そして、さらに言えば苦手キャラなんかは特にそうなのだが、たかだか1、2戦では相手を理解できない場合の方が断然多い。思いついたことも試せていないことが多い。となると、連戦することは必然なのである。もっと知りたい。対戦中に試したい。そう思わない?

 

前者的な思考では段位は変わらないまま。後者の思考は段位は一時的に落ちるかもしれないが、いずれは上がることが約束されているようなもん。

たくさん負けて、たくさん考えたものが最終的に勝つ。つまるところはこれなのだ。格闘ゲームとは、鉄拳とはそういうゲームなのである。そうなると、必然的に”強者のサブ”はいい仕事をしてくれるんだよね。

先にも書いたように、わかりやすく”粗”が多いからだ。練度の低さゆえ、基本的にはそのキャラの”明らかに強い技”か、”ごまかして使う強い連携”を頻繁に使用してくれる。一回回答をぶつけてやると、次の選択肢にまごつきがちなので、そっから押し切れたりもするから僕はやっていて楽しい。

 

まとめ:一つでも多くを知ろうとする気持ちがあれば、逃亡なんて言葉・思考は本来発生しないのだ。

結論だ。相手をリスペクトし、相手からひとつでも多くを盗む。敗北は必要経費と割り切るのもいいだろう。こういう考えができると、そもそも逃亡なんて思考は存在せず、連戦することが当たり前となるのだ。中級〜上級者が強いのは、このような思考がナチュラルにできているからである。

今後は是非、このような『次につながるプレイング』をできるように頑張って欲しい。

・・・ま、それでもむかつくプレイヤーからはちゃちゃっと逃げるのが吉かな(笑