ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

トリックスターひとすじ20年。

10年ぶりに遊戯王に復帰した人のブログ。

鉄拳7:Ultimate TEKKEN BOWLを購入!プレイしてみたぞ!【シュールな絵面】

スポンサーリンク

アルティメット鉄拳ボウル、配信!!

8月31日の本日より、鉄拳7にて”Ultimate TEKKEN BOWL"が配信された。DLCシーズンパスを購入しているプレイヤーはプレイと同時にDLが開始されるが、未購入だった筆者は良い機会なので今回購入に踏み切った。

 

購入時の注意点

f:id:mihao1853:20170831194358j:plain

ちょっとやらかしてしまったので周知を。画面右、DLC1というパッケージを今回購入したのだが(メニューからのリンクがコレだった)、追加キャラクターなどのコンテンツも同時に購入したい場合には画面中央のDLCシーズンパス(2700円)の方が圧倒的にお得である。

 

画像で振り返る鉄拳ボウル

通常の鉄拳7と同じく、最初はキャラクター選択から。画面を見ていただければわかるように、各キャラクターにはPOWERとSPINのステータスが設定されている。

f:id:mihao1853:20170831194902j:plain

 

キャラクター選択後は、各キャラクターの入場シーン演出が。いくつかご紹介すると、

f:id:mihao1853:20170831195050j:plain

カズヤ。凛々しさの塊。

 

f:id:mihao1853:20170831195158j:plain

ストリートファイターからの参入キャラクターである豪鬼も当然例外ではない。あの豪鬼がボーリングをおっぱじめようとする貴重なワンシーン。

 

f:id:mihao1853:20170831195327j:plain

色々とつっこみどころが多すぎるクマ。

 

f:id:mihao1853:20170831195924j:plain

ちなみにボーリングのピンは、通常のピンはもちろん画像のようなゴールドの”平八ピン”もチョイス可能だ。重厚感があるピンなので、通常のピンよりも倒れにくい!?

 

f:id:mihao1853:20170831200957j:plain

画面左下のゲージが投球に影響を及ぼす。高速で左右に動いており、思っている以上に早い。

 

f:id:mihao1853:20170831200120j:plain

ストライク演出は各キャラクターの決めポーズ。

 

f:id:mihao1853:20170831200042j:plain

ガーター演出はこんな感じ。実はガーター以外にも、投球時のミスで発生する”オーバーチャージ”演出が存在。それに関しては下記の動画をチェック!

 

プレイ動画でチェック!

鉄拳7:鉄拳ボウル初プレイ!吹き飛ぶドラグノフ!! - YouTube

開始早々に動画を撮ってみたのだが、ここで思わぬ演出に遭遇した。鉄拳ボウルをプレイしていないプレイヤーには一見の価値あり。ドラグノフの可愛い姿をぜひ動画でチェックして欲しい。

 

感想

初代鉄拳タッグトーナメントに収録されていた”鉄拳ボウル”。実は家庭用タッグは所持しており、久しぶりの鉄拳ボウルに懐かしさを覚えた。加えて、演出面の強化もあってやってみると思っていた以上に面白い。

格闘ゲームの鉄拳をプレイしたことがない一般層にこれをプレイさせて、鉄拳に興味を持ってもらうためのツールとしても使えるのではないだろうか。

 

鉄拳7

鉄拳7