ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

トリックスターひとすじ20年。

10年ぶりに遊戯王に復帰した人のブログ。

鉄拳7攻略:レオ対仁は仁有利!? 肘金鶏対策を伝授!!【仁キャラ対策】

スポンサーリンク

鉄拳7レオ対策

f:id:mihao1853:20170902134133j:plain

今作屈指の強キャラ、レオを撃破せよ。

レオ。今作ではこの名前を聞くだけで震え上がるプレイヤーも少なくない。近距離の超強力な二択に加え、中距離での出しとけ技であるパタパタ(66RKLK)。そして同じく出しとけのレオガットこと肘金鶏(4LPRK)まで備えており、ミドルレンジまでお手の物なこのキャラクターは文句無しのお手軽強キャラだからだ。

そんな強キャラを見逃しておけば、負けるのは必至であり対策は必須なのだ。今回は仁のレオ対策を一つ紹介するので良ければ参考にして欲しい。

 

レオの強力なローリスクハイリターン技、肘金鶏

今作におけるレオの肘金鶏はカウンターヒット確認から大ダメージを奪えるうえに、暴れ潰しを盾に2択を仕掛けることまで出来る強力な技だ。これを素直に受けていくと効率負けは必至。出来ることなら読み合いを拒否したいところだ。

f:id:mihao1853:20170902135617j:plain

△リーチも長く、中距離からこれで接近してくるのがレオのセオリー

 

肘金鶏対策

横移動性能が高いキャラ(カズミなど)ならば、実は2発目を右横移動で回避が可能である。しかし、仁にはもっといい対策が存在する。

 

鉄拳7攻略:レオ肘金鶏対策【風間仁】 - YouTube

動画のように、仁の4LPは肘金鶏の2発目を潜ることができ、派生のWPが確定でヒットするのだ。しかもきっちりと2発目のスカにヒットしているのでキャンセルガードまで不可能な完全な対策であり、レオ側は仁に肘金鶏は打てないのである。簡単なので、ぜひ実戦で試して欲しい。