ギルティギアXrd REV2 初心者ソル使い宗次郎のブログ

鉄拳7攻略:拳段位はNAMCO公認の壁?段位ポイントについて。[おまけの龍王との昔話]

スポンサーリンク

拳段位を目指している人にはショックな話?

こんにちは。想定通り、拳と獣を行き来し始めた仁使いです!サブも含めれば、獣 〜 拳の反復横飛びは往復20回を超えているような・・・

そのおかげでっていうのも変な話ですが、今回はとある鉄拳の段位仕様に気がつきました。それが、

 

”獣段位から拳段位に上がるためには3ポイントではなくて4ポイント必要”

 

という変な仕様です。1ポイント=同段位での1勝、0.5ポイント=1段差の1勝、通常であれば序盤を覗くと3ポイントで昇段というのが段位システムのスタンダードな仕様です。

ですが、鉄拳7の場合は前述したように拳段位になるときには4ポイント必要、つまり同段位戦で4勝勝ち越しが必要になるわけです。ちなみに連勝ボーナスみたいなのは基本的には存在しないようで、鬼熊昇段直後に同段位2連勝しても残念ながら昇格は一度も出たことがないですね。

f:id:mihao1853:20170907164733j:plain

NAMCO的にはココが壁なのかもしれませんね

つまりそういうことなのかなーって思います。初級〜中級の目印、ターニングポイント的な感じかな?ちなみに6BRのときは修羅昇格前の滅拳がこんな感じでしたね。もっと言えば、修羅になったときに

龍王『おめでとう! これで ”中級者” だね^^』

って真顔で言われたときは、この業界は正気じゃないと思いました。6BRの剛拳辺りのプレイヤーだって普通に猛者揃い(7の修羅くらいあるような・・・)だったけど、龍王(鉄拳王一歩手前の段位)からすると彼らも初級者に見えるようです。怖い怖い。

そんなわけで、拳段位を目指している人は鬼熊になったら気をつけましょう!がっかりしちゃうと思うんで。